夫婦が浮気で離婚するときは信頼関係がなくなった証拠

 

浮気は信頼関係がなくなった証

夫婦で考える.jpg
夫婦のどちらかの浮気が原因で離婚するとき、それは信頼関係が無くなった時ではないでしょうか?

夫婦と言うのはもともと赤の他人。

お互いが愛し合って、信じあって「この人となら一生共に生きていける!」と思って初めて夫婦になるのです。
 
その根底にあるのは信頼です。

つまりパートナーの信頼を裏切れば夫婦関係はすぐに破たんしてしまうのです。
 
特に浮気や不倫は隠れてするため、パートナーが気づいた時はもう、泥沼と言うことだってよくある話です。

浮気をする方は「そんなつもりじゃなかった。」「こんなことくらいで。」と言いますが、浮気をされた方は大変つらい思いをします。

浮気は自分の存在や生活の基盤を揺るがされることになるのです。

しかも、悪いことに、浮気が発展していくと、相手にのめりこんで行き離婚したいという気持ちになります。
 
私たちの事務所に来られる人の大半は、パートナーに裏切られたという心の傷を抱えていらっしゃいます。

どちらも離婚に相当する事由として認められているのですから、浮気をされた方は被害者として争ってもいいのです。
 
私たちは浮気問題解決のプロです。

証拠を集めて、依頼主様にとって一番いい方法を模索していきます。

また、借金問題が同時にあったとしても、弁護士の先生と連携していますので、安心して問題解決に向けて進むことができます。

探偵名古屋|浮気調査は費用も低料金を保証|名古屋探偵事務所トップ

各調査項目
浮気不倫調査バナー191緑.jpg素行行動調査バナー191緑.jpg家出行方調査バナー191緑.jpg
結婚調査バナー191緑.jpgDV被害避難バナー191緑.jpgストーカー調査バナー191緑.jpg
盗聴発見バナー191緑.jpg遠方の人の確認バナー191緑.jpgいじめ調査バナー191緑.jpg
▲このページのトップに戻る